スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.08.26 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

大学祭レポート

 皆さん,お久しぶりです。
大学祭幹事sメンバーのひとり,卯月です。
某副部長さんからお達しがあったため再登板させていただきます。が・・・頑張るぞ(`・ω・´;)

さて,去る11月1日〜3日の3日間にわたって大学祭が行われました。
ご来場下さった方,ありがとうございました!

前日は台風接近だの,当日の朝まで雨だの・・・と準備段階では何かと天候に恵まれなかったのですが,開店する頃には見事な秋晴れ。
しかも,その後の片付け含め3日間も晴天続きでした。
まぁ,これも私の日頃の行いがいいかr・・・ゲフンゲフン,いや,協力して下さったミス研の皆さんのお陰ですね!!

売れ行きとしては,細かい数字をここに示すことは避けますが,個人的にはなかなか好調だったのではないかと。
ちょっぴり黒字もでたようです(*´ω`)
こんなに白玉が売れるとは正直思っていませんで,当日が近づくにつれて自信喪失していた私としては,正直,驚きが1番大きいです。
だって寒いから買ってくれないと思ったんだもん(´;ω;`)
不安を受け止めてくれた『例のあの方』には,感謝です。ありがとね。

人気No.1は「黒蜜&きな粉」でした。
店頭販売でも手売りでも,売れる売れる。
何度も「黒蜜買い足し隊」・・・という名の買い出し組に出動してもらって難を逃れましたが,準備のときにもっと在庫を用意しておけばよかったと軽く後悔。
試食会の時点では「全部のせ」が目玉商品だったので,まさかのダークホースの登場でしたね。
皆さん,やっぱりシンプルな方がお好みなんでしょうか(−−;)
私イチオシのフルーツはお子様中心で人気が安定していたようでした。
べ,別に私の味覚がお子様ってワケじゃないんだからねっ←

冊子のハケ具合も上々だったらしく,某先輩が何度も部室から冊子の入った段ボールを抱えてきたのを目撃しました。本当にお疲れ様でした。
OB,OGの方もたくさん来て下さって,感謝感謝です。
特に最終日に何だか白玉づくりの手伝いをしていただいた(させられていた?)某K先輩と,白玉の売り上げ&プチ上げに大いに出資して下さった某H先輩,いろいろな意味でありがとうございました。

買い出し部隊や雑務を快く引き受けてくれた1年s,バタバタしている幹事sをがっちりサポートしてくれた2年s,「全部のせ」とセットメニューの大口購入をしてくださった3年sの先輩方,そして何かにつけ頼らせていただいた4年sの先輩方にも,ここでお礼申し上げます。
ご協力,本当にありがとうございました。

そして何より幹事sの2人。
夏から今まで本当にお疲れ様でした。そして,ありがとう。
亜音はまだ会議があるから頑張ってちょうだい(笑)
小玉ちゃん,ゆっくり休んでね(汗)

・・・とまぁ,最後の方は何だかレポートになっていないような気もしなくもないですが,ご愛敬,ということで筆を置かせていただきます。
来年は何の店になるかは分かりませんが,是非ともよしなに。

では,失礼します。

第2回試食会レポート&大学祭告知

大学祭幹事三番目の人、ザ・サードこと亜音です。 

大学祭の出し物の第2回試食会を行いました。 
前回の試食会は『和気藹々皆で味見しようぜ!』というコンセプトの下行われましたが、 
今回の試食会は『和気藹々皆白玉を作れるようになろうぜ!』というコンセプトの下行われました。
 参加者は総勢10名以上。部室には大学祭で使う大量のダンボール。 当然全員は入れませんので、小道具作成チームと試食会チームに分けて行いました。 
優秀な幹事s(亜音を除く)のサポートの結果、参加者皆(亜音を除く)、きちんと白玉が作れるようになったもよう。

 そういえば、前回風邪で欠席した蝉丸が、白玉が大きいから後半は白玉の味しかないと指摘。
前回の内に言っとけよと思ったのは内緒です。内緒も何も正面切って言ってた気もします。
白玉一つの大きさを少し小さくし、3つから4つにして改善する予定です。

 そんな白玉は 11月1日、2日、3日に首都大学東京南大沢キャンパスにて『小豆&きな粉』『黒蜜&きな粉』『フルーツ』各150円で販売します。

  是非、買って下さい。 

 それと季刊誌『言霊』の大学祭号も同じ場所にて無料配布しています。 一年生達の初々しい作品やよく書く人達の作品、合宿で行った犯人当て小説を掲載しています。 

  是非、持っていって下さい! 

 場所は図書館近くにある最も目立つ建物付近にあります。 
……分かり辛くてすみません。しかし、これ以外に言いようが……。 
では、大学祭で会えることを祈っています。

映画上映会

24日に映画上映会をしました。

以上です、で締めたら蝉丸に怒られるのできちんと書きます。


一号館の109教室を貸し切り、プロジェクターなどを大学から借りて映画を上映しました。
でっかい映像を真っ暗な教室で見るのは疑似映画館ぽくて結構好きです。

今回上映したのは
.丱鵐董璽献櫂ぅ鵐
▲リエント急行殺人事件
の二本でした。


,楼_擦んの持ち込みです。ミステリーって言ってたけど思った通りサスペンスアクションでしたよ?
内容はネタばれなので言えませんが、とにもかくにも黒人のおっちゃん(あだなは青いおじさん)が一番輝いてました。

△聾世Δ泙任發覆名探偵ポアロの代表作の映画版です。ミス研のくせに古典はホームズばっかりだったので前知識なく純粋に楽しめました。衝撃のラスト、おもしろかったです。
ただデビット・スーシェのポアロが好きな僕はこのポアロが若干好きになれませんでした。まあ、高慢な感じは原作通りではあるとは思うんですがね。ドラマシリーズで今度オリエントやるとかいう話なので期待してます。

とまあ、こんなかんじでしょうか。
またちかいうちにやりますので、気が向いたらご参加ください。
では。

追伸
12月にホームアローン1〜4連続上映会を企画してます。

第1回 試食会と報告

 皆さん、こんにちは。
2010年度大学祭幹事のひとり、卯月です。
要請があって書いてますが、公式の場には初登板なんでビクビクしてます(笑)

先の9月15日(記事投稿日は22日)に、第1回 試食会が行われました。

今年の模擬店は「白玉」です!
・・・ちょっとフォント大きめにしちゃいました楽しいぞ、コレ←
8月中に幹事の間でプレ試食会をやりましたが、今回は部のメンバーに食べてもらいつつ感想やら意見やらを交換するのが目的でした。
夏休み中にも関わらず参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

準備の段階から手間取ったり、前日の印刷日で頑張りすぎて欠席する人がでたりとアクシデント(?)もありましたが、先輩方からのアドバイスをたくさんいただき大まかなプランがまとまったかな・・・という段階まで持っていくことができました。

とりあえず、現時点で公表できる情報をば。

白玉は、白(プレーン)と緑(抹茶)の2種類を用意。
 (もしかしたら増える・・・かも?)
トッピングは、フルーツ、小豆&きな粉、黒蜜&きな粉の3種類。
隠しメニューも画策中ですが、まだナイショで。
 (ちなみに隠しメニューが1番好評だったり・・・)
価格は100円〜150円を予定。
 (変動あり。あくまで予定ですよ、予定)
白玉とトッピングはチョイス可です。セットメニュー案もあるとかないとか。

・・・と、まあこんな感じで。
10月頭に部会を、半ばに第2回 試食会を開催予定なんで、それ以降には公表できる内容も増えると思います。
「待て、次号!」ってヤツですね(笑)

デザートが食べたいとき、ちょっと小腹が空いたときなんかにいかがでしょうか。
ちなみに卯月オススメはフルーツです。
サッパリしていて美味しかったなぁ・・・と言いつつ、小豆がダメなだけです。
小豆が苦手でも大丈夫!・・・と宣伝しておきましょうか。

またチマチマ投稿すると思いますが、そのときは温かい目で読んであげてください。
では、失礼します。





言霊25号(競作号)完成!

 こんばんは、みなさん。
言霊25号編集の蝉丸です。
本日は実は、ずっと延び延びになっていた言霊25号の印刷製本でした……!
そして完成!
一時は人手不足に明日の大学祭のイベントに食い込むんじゃないかという危惧に襲われていましたが、手伝いの方々の助けで、なんとか仕上げることができました。
ありがとうございます。

さて、今回の25号ですが、いつものごった煮とは少し趣向が違っていて、テーマがあります。

ずばり、「父親による娘の彼氏当てです。

これをテーマに6人で競作をしました。
みんなそれぞれ違った角度から切り込んでいて、いやはや、面白いですね。
テーマ自体もかなり面白いと思いますし、ぜひぜひ読み比べていただきたいところ。
南大沢キャンパス一号館の一階二階の掲示板にポストが設置してあるので、そちらからご自由にお取りください。


今回は装丁も凝ってます。表紙は奮発して色紙! ピンクor水色です。
さらに背の部分にカラーテープまで張ってあります! こちらは色紙に合わせて赤or青。
ちなみにレア種でピンク紙+白テープもいます。
いやー、いいですねー。とっても見栄えがします。

見栄えと言えば、表紙ですね。
今回は僕が入っているもう一つの方のサークルの友人たちに絵を描いてもらいました。
おかげさまで満足のいく表紙裏表紙を仕上げることができました。感謝。


そんなこんなで豪華な25号。ぜひお手に取っていただけたらと思います。限定80部くらいです。早い者勝ちです。
感想なんかいただけると喜びます。それでは。

2010年度 夏期ミス研合宿

 みなさんこんにちは。
今年の合宿の幹事をやらせてもらった土竜です。
今さらですが、合宿のレポートを書いていきます。本当に今さらですがね!

今年の合宿先は千葉の鴨川でした。

大学を出発するまでに、ちょっとしたトラブルが発生しました。
集合に遅れる幹事、呆れ顔の先輩方、半笑い(?)の後輩達、反応がバラバラすぎる同級生の面々。
集合をかけた張本人が遅刻してはいけないですよね。困ったものです。

そんな些細なトラブルもありましたが、無事に鴨川に着くことができました。


鴨川に着いて最初に行ったのが、クイズ大会です。
4年のI先輩が企画してくださったこのクイズ大会は、一発逆転のチャンスもあったりしてとても面白かったです。
来年の合宿でやっていただけないのが残念で仕方ありません。

1日目と2日目の夜には、2年のK君とH君が執筆したミステリーを持ち込んで『ミステリーの宴』を行いました。
両方とも完全に正解した人は誰もいませんでしたが、OBのH先輩の珍回答のおかげで異様な盛り上がりを見せました。
その場にいなくても笑いをとれるというのはすごいことですよね。とてもじゃないけど真似出来ません。

1日目の宴の前には浜辺で花火をしました。
非常にきれいでしたね。みんなも楽しんでいたように思います。
盛り上がりすぎていた1年生がいたかもしれませんが、去年のような事故もなく無事に終わりました。
そういえば、火が消えた蝋燭をふんづけて、足やジーンズに蝋がこびりついてしまった人がいたような気がします。これも事故といえば事故なのかもしれません。
ジーンズにこびりついた蝋は、水ではなかなか落ちません。皆さんも気をつけましょう。

2日目の昼に、3年のH先輩が企画してくださったミステリー関連のクイズ大会をやったそうです。
企画をお願いしておきながら、僕は不参加でした。本当にごめんなさい・・・
どなたか詳細を教えていただけたら嬉しいです。

合宿全体のイベントとして、RRPGを行いました。
これは、参加者の何人かが犯人役となり、他の参加者たちがその犯人を当てるというゲームです。
結論から言うと、2年生がカモで1年生が黒幕という感じでした。僕も1年生によって狩られました。
去年も今年も1年生に犯人が多い気がします。
1年生は怖いですね。1年生には気をつけましょう。
去年から始まったこのRRPGですが、これをもっと発展させてミス研合宿の恒例イベントに出来たらいいですね。
来年も楽しみにしています。


今回の合宿はイベントが盛りだくさんでした。
僕は非常に楽しかったです。皆さんも楽しめたのではないでしょうか。
楽しく、無事に、合宿を終えることができて本当に良かったです。

イベントを企画してくださった方々、本当にありがとうございました。様々なイベントを考えてくださったおかげで、この合宿をみんなが楽しめたと思います。
幹事の仕事を手伝ってくださった方々、本当にありがとうございました。合宿先の選定や人数の問題、合宿の買い出しなど、様々な方に助言や手伝いをしていただいたおかげで合宿を円滑に進めることができました。
そして、合宿に参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました。せっかく参加してくださるのに、直前になって皆さんの負担を増やすことなってしまいました。負担が増えても皆さんが参加してくださったからこそ、僕は合宿を楽しみ、幹事を頑張ることができました。感謝してもしきれません。

参加してくださった方に、負担を増やしてしまったことへの謝罪を、そして参加してくださったことへの感謝を送りまして、2010年度ミス研合宿のレポートを終わります。


それでは、皆さんお元気で。後期にまた会えるのを楽しみにしています。


おやすみなさい。

2010 前期お疲れ様会

 2010年度前期お疲れ様会の担当だった土竜です。
前期お疲れ様会のレポートというか感想を書いていきます。

お疲れ様会に来てくれたのは9人でした。
いろいろとありましたが、結構集まってくれましたね。
来てくれた皆さんに感謝です。

お疲れ様会は大体順調だったはずです。

まあ、こういうイベントには多少のミスはつきものですよね。食料の超過供給も仕方のないことだと思います。
お酒を飲んだ後って適当にものを買ってしまうんです。仕方がないんです。
会計金額がものすごいことになってました。会計金額を見た部長の顔もすごいことになってました。
皆さんも飲酒後の買い物には気を付けてください。
自分がカゴに何を入れたか分からなくなっていたら手遅れです。

そのような不運なトラブルもありましたが、全体的に楽しいお疲れ様会だったのではないかと思います。
お疲れ様会がずっと和気藹藹とした雰囲気のまま進んだのは本当によかったです。
会話も弾み、部員同士の交友も深められたのではないでしょうか。

そういえば、2次会のカラオケが終わった後の部室で新たな『黒歴史』が作り出されました。
徹夜明けのテンションも手伝って、なかなか凄惨なことになりました。
具体的な内容は部誌に載ってます。メルフェルさんが強いです。
ちなみに僕はほとんど関与していません。僕は無実です。

そんなこんなで2010年度前期お疲れ様会も無事に終わりました。
お疲れ様会に来てくれた人も、運悪く来れなかった人も、前期は本当にお疲れ様でした。
これからの長い夏休みの間にしっかりと羽根を休めてください。
そして後期も勉学やアルバイトに励みましょう。

皆さんにまた会える日を楽しみにしています。
有意義な夏休みを送ってください。

おやすみなさい。

言霊24号完成

去る6月20日、言霊24号の印刷が行われました。


 朝、部室に行くとすでに部長が!!流石です。本当に頼りになります。また集合時間より前に来てくださった方もいました。感謝です。

そんなこんなで、印刷前の準備をするか・・・と思っていたらハプニング発生!あれ、ページを貼った位置がおかしい・・・。あんなに確認したのに何故?疑問に思いながらそのまま準備を進めていたらその現段階での準備の方を間違えていたことが判明。あー何ということだ。もう一度準備のし直しだ・・・。そんな中

「ページが切れて印刷出来ません」

という声が。あー何ということだ。もっとページを上に貼らなければならなかったのだ・・・。ページを改めて貼ってくださったみなさん、本当にありがとうございました。もしこれから原稿に直接ページを貼りつけるよという方がいれば是非上のほうに貼りましょう。正直これらの出来事を書いていて「あーーーーーーー」ってなります(汗)でも自分の失敗なので受け止めないと・・・。

と反省はこれぐらいにしておいて、当日はたくさんの人が来てくれました。お陰で6時頃には無事印刷も終了!!来てくれた1年生も本当にありがとう!!

そのあとは各自解散でした。洗濯ものが気になって帰る人もいればカラオケに繰り出す人も。ちなみに私は部室の冷房で涼んでました。ボーっとしてたら『新参者』が始まり、あの人が犯人か!!なんて驚きつつ帰宅。


てな感じで言霊24号の印刷は終了したのでした。言霊24号の制作・印刷に関わって下さったみなさん本当にありがとうございました!
あとはこれを読んだあなたが手にとるだけです!言霊24号のポストを見かけたら是非よろしくお願いします!

2年小玉でした。


第1回読書会

 6/12に行われた第1回読書会のレポートです。

参加者は、上級生6人、1年生4人の計10人。
時間は16:30から1時間半強行いました。

今回テスト後初の読書会だった訳ですが、レジュメのミスや、印刷忘れ等司会にあるまじきミスが多発。
急遽、本を選んだことが災いしてか、新作読んで「このミス」でニヤニヤしようぜという趣旨からも外れてしまう。本当に申し訳ない。

今回の課題本は米澤穂信『犬はどこだ』です。以下レジュメより抜粋。


◆あらすじ

社会復帰のリハビリの為、犬探しを専門の探偵事務所を立ち上げた主人公の初依頼は古文書の調査と行方不明になった女探しであった。そして何故か二つの事件には交錯して……?

著者略歴(一部wikipediaより抜粋、編集)

金沢大学文学部の二年生から、ウェブサイトで様々な種類のエンターテイメント作品を書いていたが、大学時代に北村薫の『六の宮の姫君』(東京創元社、1992年)を読み、ミステリーへの方向性を決める。

 2001年、『氷菓』で第5回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を受賞してデビュー。〈古典部〉シリーズである『氷菓』が角川スニーカー文庫内に新たに立てられた「スニーカー・ミステリ倶楽部」の第一回配本として、続いて『愚者のエンドロール』が刊行される。

 東京創元社から『さよなら妖精』が出版され、2005年版の『このミステリーがすごい!』(以下「このミス」、宝島社)の国内部門で20位となり、米澤の名を広く世に広める結果となった本作は、現在なお米澤の代表作であると目されている。近年では「このミス」にほぼ毎年、トップ20以内に作品がランクインしている。また、「このミス」2010年版では、作家別投票第1位にランクインした。2007年、〈古典部〉シリーズの短篇作品『心あたりのある者は』(短編集『遠まわりする雛』に所収)が第60回日本推理作家協会賞短編部門の候補作となり(受賞該当作なし)、2008年にはノンシリーズの『インシテミル』が第8回本格ミステリ大賞小説部門の候補作となった。


◆参考・関連書籍

・古典部シリーズ(氷菓・愚者のエンドロール・クドリャフカの順番・遠まわりする雛)

・小市民シリーズ(春期限定いちごタルト事件・夏期限定トロピカルパフェ事件)

・『さよなら妖精』

・『犬はどこだ』

・『ボトルネック』・『インシテミル』(青春ミステリでない。)
・『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』(映画20101016日公開)



    *これ以降の内容はネタバレを含みます。


部会しました

 

遅くなりましたが、5/12の部会報告です。

5限、6限と教室を使った行いましたが、5限は人が集まらず、主にサークルのルール的な話に終始してしまいました。

説教くさくてすいません、一年生。

そして上級生の皆さん、部会でも話しましたが、

部室は綺麗に使いましょう
!

荷物を置くときには、必ず部誌にその旨を書き、長期間置いておくのはやめてください。

ラケットとか傘とか……。

基本、置いていいのは本と食品のみで。

閑話休題。

 

さて、6限ですが人も増えて何と総勢19!

そのうち9人が新入生でした。

話の内容は主に金がらみ。

部費を増やせー、本を買うぞー、予算が不明瞭だー、etc.etc.

生々しい話だけに、活発に意見交換を交わしました。

まぁ、ざっとこんなところです(でしたよね?

 

最後に。

6限の終了時間をオーバーしてしまってすみませんでした。

議題の半分以上を受け持った蝉丸氏、お疲れ様です。

部会に出席してくださった皆さん、本当にありがとうございます。

m(_ _)m



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

レビュー・読書記録

部員の読んだ本など。
随時更新していきます。 ↑家のアイコンをクリックすると本棚に飛べます。
表紙をクリックするとそれぞれの本のレビューに飛びます。

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM